かわろぐ

技術、セキュリティ、その他もろもろ

MENU

Vundle から dein.vim に移行する方法

学生時代に Vim のプラグインマネージャ Vundle を入れた状態から今までずっと使い続けて結構な月日が流れました。

流石にこのままはイケていないだろうということで、NeoVundle にしようと思ったらこちらもすでにメインの開発は終了しているようで、同じ作者さんが開発している dein.vim に乗り換えることにしました。

その時やったことをメモしておきます。

f:id:kawa_xxx:20161230220649p:plain:w150

dein.vim のインストール

インストールは dein.vim の github にある説明そのままを素直に実施すればすんなりとインストールできます。

 $ curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/dein.vim/master/bin/installer.sh > installer.sh
 $ sh ./installer.sh {specify the installation directory}

設定ファイルの変更

上記のインストールスクリプトを実行すると、最後に以下のように .vimrc に設定として追記すべきものが出力されるのでそのままペタッと貼り付けます。 実際の出力されたものは、コメントが入っていたり自分のパスが埋め込まれていたりともう少し親切です。

if &compatible
  set nocompatible
endif
set runtimepath+={path to dein.vim directory}

call dein#begin({path to plugin base path directory})

call dein#add({path to dein.vim directory})
call dein#add('Shougo/neocomplete.vim')
...

call dein#end()

filetype plugin indent on
syntax enable

プラグインを追加する書き方とかが全く異なるので、ちまちま書き直します。このタイミングで、最近使っていないプラグインや不明なものはごっそりと削りました。シンプルイズベスト。

そして最後に、 Vundle の設定を削除します。おそらく以下のような部分があるはずなのでこれを消して、 Vundle とおさらばします。

set rtp+=~/.vim/bundle/vundle.git
call vundle#rc()

あとはプラグインがダウンロードされていたディレクトリもきれいに消しましょう。

dein.vim でプラグインのインストール

Vim を立ち上げて以下のコマンドを叩くと非同期でプラグインをダウンロード、インストールしてくれます。

:call dein#install()

ダウンロードも Vundle のときよりも大分早いですね!時間を見つけて、プラグイン周りも色々見直そうっと。

参考文献

https://github.com/Shougo/dein.vim

Vimテクニックバイブル ?作業効率をカイゼンする150の技

Vimテクニックバイブル ?作業効率をカイゼンする150の技

Windows 10 Technical Preview をためしてみた

10月1日に公開された Windows 10 Technical Preview をダウンロードして試してみました。単純に機能の紹介だけでは類似記事がたくさんあるので、自分が主に使っているアプリが動作するか試してみました。

環境

Hello! Windows 10!

Mac のVMware Fusion 上にインストールしました。インストールは Windows8.1 と殆ど変わらずすんなり完了しました。Windows本体の新機能などについてはCodezine の 記事 を参照頂ければスクリーンショット付きでわかりやすく説明があります。

個人的には、スタートメニューが標準で復活し、Windwos7っぽいのに合わせて、8のタイルのが合体した感じなのがいいなーと思いました。 右側部分はすべてのアプリからドラッグアンドドロップで簡単に追加したり並び替えたり出来るのもGoodですね。まぁ、固定だったら意味が無いかw

f:id:kawa_xxx:20141012123227p:plain

あと細かい点ですが気になったのは、エクスプローラーで表示した時のデスクトップアイコンが変わっているようです。ドキュメントなどのアイコンは旧来のままなので、正式リリースまでにはがらっと変わるんでしょうかね?それから、ウインドウの影の付き方もどことなくMacに近くなったような気がします…

f:id:kawa_xxx:20141012123231p:plain

Windowsにもやっと標準搭載された仮想デスクトップ!下図の左から3番目の重なった紙の様なアイコンをクリックすると仮想デスクトップを切り替える画面になります。Mac っぽく? デスクトップの数は追加したり削除したり出来るみたいです。左から2つ目の虫眼鏡アイコンをクリックすると検索ボックスみたいなものが出てきました。 f:id:kawa_xxx:20141012123157p:plain

f:id:kawa_xxx:20141012123213p:plain

旧来のアプリは動くのか?

Windows 10 の機能の紹介はもうすでにググればたくさん出てくるのでこれくらいにしておいて、仕事、プライベート問わず、普段Windowsで使っているMicrosoft製以外のプログラムがTechnical Previewの段階で正常に動作するのか検証してみました。検証に使用したプログラムは次の5つです。 どれも殆ど問題なく動作しました。OSがアップグレードされてもここまで殆ど問題なく動いてしまうのは Windows の凄いところでもありますよね。まぁ、中の人達がとっても頑張っているんでしょうけど…

Vim

いつもWindows環境でのVimでお世話になっている香り屋さんのVimの 64bit 版をダウンロードしてきました。起動も使用も問題なさそうでした。とりあえずこれで生きていける。プラグイン周りは特になにも試してないです。

f:id:kawa_xxx:20141012123153p:plain

SourceTree

普段の仕事でもプライベートでも結構ハードに使っている Git の GUI ツールです。まぁ、Commit したりなんだりかんだりはほぼコマンドラインでやっているのでDiff見たり一部分をステージしたいときに使ったりするのが中心なんですが、なければ困るツールです。新しいいリポジトリ作成したり、コミットしたりプッシュしたり、こちらも問題なく動いてます。

f:id:kawa_xxx:20141012123203p:plain

Google Chrome

テストに使用したバージョンは 37.0.2062.124 m というバージョンです。Chromeのバージョン番号なげぇwインストールも問題なく完了しましたが、閉じるボタンが若干はみ出てますねwその他は殆ど問題なくブラウジング出来た気がします。プラグインは何も試していないですが。

f:id:kawa_xxx:20141012123147p:plain

Linq pad

C# を書いていてちょっとしたコードを試したい時などによく使っている LinqPad 4。これも問題なく動きました。

f:id:kawa_xxx:20141012123208p:plain

Keepass

自分がメインで使っているパスワード管理ツールです。はい。正直コレがないとWeb上で何も出来ません。お仕事の環境にもログイン出来ません。うん。こちらも問題なく動きました。 f:id:kawa_xxx:20141012123200p:plain

Vimで特定の単語の出現数をカウントする方法

環境

  • vim 7.4

特定の単語を数えたい

そこそこ量のあるログファイルなどを見ていて、この単語の出現数をサクッと調べたいという事があって調べた時のコマンド。ログファイルをVimで見るな!というツッコミはなしで…

:%s/hoge//gn


上記のコマンドで hoge が何箇所あるか表示してくれます。また、該当部分がハイライト表示され、通常の検索と同じように n で次の該当箇所に、 N で前の該当箇所に移動出来ます。

コマンドの意味は、%sで全体を対象とした文字列置換、gで行すべての単語、nで置換を行わないという意味です。それにしても、置換のオプションに置換を行わないという設定があるのかー。

実践Vim 思考のスピードで編集しよう! (アスキー書籍)

実践Vim 思考のスピードで編集しよう! (アスキー書籍)

Vimのコマンド履歴が便利だった

環境

  • Vim 7.4

邪魔だったコマンド履歴が実は便利だった

Vimを終了させるために :q とタイプするはずが、 q: とミスタイプして出てしまうコマンド履歴のウインドウ。結構イラッとするんですよね。でも実際に使ってみると意外と便利なやつでした。

検索の履歴から該当のものを再実行する際には、該当行にカーソルを置いてEnterを入力すると実行出来るという記述があったのですが、自分の環境ではなぜか再実行されずに単純に履歴に改行が入ってしまうという現象に悩まされました。(Mac、Windows共に)

どう回避しているかというと Ctrl + c で一度コマンドラインに送ってからEnterで実行しています。もちろん実行まえに修正することもできるので、似たような検索、置換などを複数回するときに重宝しています。

taglist.vimを導入してVimをIDEっぽくする

環境

  • OS X 10.8
  • MacVim 7.3 (KaoriYa 20120509)
  • HomeBrew 0.9.2
  • Ctags 5.8 Optional compiled features: +wildcards, +regex

taglist.vimを導入する

その前に,taglist.vimはctagsというコマンドを使用します.OS Xにもデフォルトで入っているのですが,それだと下記のようなエラーが出て,taglist.vimが動いてくれません.

Taglist: Faild to generate tags for "ファイル名"
/usr/bin/ctags: illegal option -- -^@usage: crags [-BFadtuwvx] [-f tagsfile] file …^@


なので,HomeBrewにあるCtagsをサクッとインストールします.

brew install ctags


vimのプラグインはVundleで管理しているので,.vimrcなどに下記一行を追加して:BundleInstallで入れます.

Bundle "vim-scripts/taglist.vim"


ctagsのパスやショートカットキーの設定など下記を.vimrcに追記します.下記の設定だと \l (エル)を押した時にVimのウインドウの右側部分にtaglistが表示されます.

set tags = tags
let Tlist_Ctags_Cmd = "/usr/local/bin/ctags"  " ctagsのコマンド
let Tlist_Show_One_File = 1                         ” 現在表示中のファイルのみのタグしか表示しない
let Tlist_Use_Right_Window = 1                    ” 右側にtag listのウインドうを表示する
let Tlist_Exit_OnlyWindow = 1                      " taglistのウインドウだけならVimを閉じる
map <silent> <leader>l :TlistToggle<CR>      " \lでtaglistウインドウを開いたり閉じたり出来るショートカット


実際の画面はこんな感じ

めでたしめでたし.