かわろぐ

技術、セキュリティ、その他もろもろ

MENU

書評:GTD with Things3 を読んだ

なぜ読もうと思ったのか?

Things3 を常用しているがイマイチ使いこなせていない気がしており、もっと利用の深化をしたいなと思い手に取りました。加えて、GTDは昔やったことがありますが、かなり中途半端な感じだったので再入門したかったからです。あと純粋に英語にふれる機会を増やそうと思ってです。

GTD with Things 3 (English Edition)

GTD with Things 3 (English Edition)

Things3 と Evernote

Things3 だけではなく Evernote や Bear などのノートアプリと連携して使用することをおすすめしています。Things3 自体が情報を蓄積するものではないから当然ですよね。Evernote と Bear は URL を発行できるからその URL を Things3 に貼っておくとよいと書かれています。 Things3 はあくまでもタスク管理のみで余計な文章や資料は Evernote など他のアプリに任せようということです。

GTD

まず、始める前の準備としてエリアを作成して、タスクをどんどん書き出していき、分類、整理し、レビューし、実行する。そんな感じです。 詳しく知りたい人は GTDのWebサイトこのへんを読んでみると良いとおもいます。

この本に置いても、タスクを洗い出す部分についてかなり文面を割いてThingsに以下にいろいろな方法でタスクを投げ込むように環境を整備するかについて書かれています。

おわりに

改めて Things3 の設定や機能を見直したので、もうちょっとGTDに沿ってガッツリ活用して行こうと思います。

新しいボルダリング用ブログを立ち上げました

これまでこのブログはセキュリティだったり、ボルダリングだったり雑多なブログでした。

ボルダリング関連の記事も増えてきたので、今後はかべろぐの方に順次ボルダリングの記事を切り出して行こうと思います。

すでにこちらで公開済みの記事は残しておきますが、かべろぐの方に移す際に内容の加筆修正を行っていきます。

こちらのかわろぐはプログラミングやセキュリティ、書評などに記事の内容を集中させます。

新しいブログ かべろぐもこちらのかわろぐも引き続きどうぞよろしくお願い致します。

ブログ名が一文字しか違わない… ^^;

書評:ウォーレン・バフェット 巨富を生み出す7つの法則を読んだ

少額ですが投資をしているつもりになっているので、ウォーレン・バフェットと言う名前自体は巨万の富を築き、大成功された方だと言うくらいのレベルで知っていました。巨人の肩に乗れじゃないですけど、投資手法とかに興味が出てきて読んでみました。

好きなことをやり、最も尊敬している人のところで働きなさい。 そうすれば、人生で最高のチャンスを得ることが出来ます。

Web系の企業に関わり、情報セキュリティという好きなことをやっているので好きなことはやっていると言えるかな。

大事なのは自分の好きなことをとびきり上手にやることです。 お金はその副産物にすぎません。

とびきり上手に… 精進します…

配偶者は健康で選ぶ。企業は堅牢さで選ぶ。 バカでも経営できる企業を探しなさい。いずれそういう人間が経営者になるのだから

なるほど。確かに情熱も才能もある人ばかりではないから

お金は投資に使え。時間は自分に使え。 あなたの最高の財産は、あなた自身です。

うーむ。どちらもそのとおりにできていないことが多々ありますが意識して行きます。

その通りだなと思うことも多数ありました。でもがなかなか実行出来ないんですよね。公式自伝のスノーボールも読んでみよっと。

ウォーレン・バフェット 巨富を生み出す7つの法則

ウォーレン・バフェット 巨富を生み出す7つの法則

kali linux で apt が Release file for XXX is not valid yet と言われた場合の対処方法

環境

  • kali linux 2018.01

事象

Mac上に仮想マシンとして構築していた kali linux を2ヶ月ぶりくらいに起動してみて、 apt update したところ以下の様なエラーがでて、アップデートができなくなっていました。

# apt update
E: Release file for http://http.kali.org/kali/dists/kali-rolling/InRelease is not valid yet (invalid for another 71d 3h 43min 56s).  Updates for this repository will not be applied.

f:id:kawa_xxx:20180617183829p:plain

解決方法

わかってしまえばなんてことはなく、 kali linux の時刻が2ヶ月ずれていたことが原因でした。以下のコマンドで時刻をあわせてやることでアップデートが出来るようになりました。

sudo date —set “2018/06/17 17:00"

めでたしめでたし。

参考文献

サイバーセキュリティテスト完全ガイド ~Kali Linuxによるペネトレーションテスト~

サイバーセキュリティテスト完全ガイド ~Kali Linuxによるペネトレーションテスト~

  • 作者: Peter Kim,八木橋優,前田優人,美濃圭佑,保要隆明,株式会社クイープ
  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2016/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

WOWHoneypot のログをローテートする

環境

  • WOWHoneypot 1.1
  • Ubuntu 18.04 LTS

ログを一ヶ月分だけ保持させたい

WOWHoneypotをサービス化してみるではとりあえず常時起動しているように設定しました。このままではログファイルがどんどん肥大化していき、いずれはディスクフルでサーバが止まってしまいます。そこで、今回はログのローテートの設定を入れてみたいと思います。

WOWHoneypot はデフォルトでは log/access_loglog/wowhoneypot.log にそれぞれアクセスログとハニーポットのログと分けて保存されます。ただし、ローテートなどの設定はデフォルトでは出来ないため、動かし続けるとログがディスクを埋め尽くしてしまいます。 ログの集積は別途考えるとして、まずは一ヶ月分のみローカルに日次でファイルを分けた形でログを保持し、それより古いものは削除するという設定をしてみたいと思います。

ログローテートの設定

/etc/logrotate.config に設定を記載しても良いのですが、/etc/logrotate.d/ 配下がインクルードされているので、 wowhoneypot 用のファイルをつくってそこにローテートの設定を記載するようにしましょう。

sudo vi /etc/logrotate.d/wowhoneypot

wowhoneypot は日々増えていくログファイルは2種類あるので、全く同じ設定ですが、2つに分けて書きます。 ログ量の増え方が全然違うのですぐローテートするタイミングを変えたくなるだろうなと思ってです。

/home/wow/wowhoneypot/log/access_log{
        ifenpty
        dateformat .%Y%m%d
        missingok
        daily
        rotate 30
        endscript
}

/home/wow/wowhoneypot/log/wowhoneypot.log{
        ifenpty
        dateformat .%Y%m%d
        missingok
        daily
        rotate 30
        endscript
}

これでひとまず、ディスクフルでhoneypot が止まってしまうということはなくなりました。次回はいよいよログの集積環境を作っていきたいと思います。

参考文献

https://qiita.com/Esfahan/items/a8058f1eb593170855a1