かわろぐ

技術、ボルダリング、セキュリティ、その他もろもろ

MENU

Vim を NeoVim に入れ替えた話

f:id:kawa_xxx:20171029091720p:plain

環境

  • Mac OSX 10.12.6
  • neovim  v0.2.0

NeoVim って?

20年以上に渡って開発し続けられている VIm のフォークプロジェクトです。公式ページによるとレガシーなコードを大々的にリファクタリングし、新しいプラグインシステムを導入するための Vim の進化版と言われています。

Vim  を NeoVim へ

さて、 Mac OS で HomeBrew の入っている環境であればインストール自体はすごく簡単で以下のコマンド一発で終わりです。

$ brew install neovim

インストール後は設定ファイルをまずは vim と共有させて使っていくための準備をします。NeoVim は XDG Configuration に対応しているので従来の vim 設定ファイルの位置から少し変更があります。以下のコマンドで既存の vim の設定ファイルへのシンボリックリンクを作成しました。

$ mkdir ~/config/nvim
$ ln -s ~/path-to-the-vimrc/.vimrc ~/config/nvim/init.vim

Vim を使ってきて長年継ぎ足ししてきた設定ファイルをそのまま NeoVim の設定ファイルとして使用した。でも発生したエラーは1件だけでした。

Unknown Option: ttymouse=xterm2

これは NeoVim では削除されたオプションなので、以下のように読み込まれないようにするだけ。

if !has(‘nvim’)
    set ttymouse=xterm2
endif

Vim よりも若干高速になったように感じます。それにしても後方互換凄いなー。今度は Unite.vim を denite.vim に入れ替えようと思います。

参考文献

実践Vim 思考のスピードで編集しよう! (アスキー書籍)

実践Vim 思考のスピードで編集しよう! (アスキー書籍)