かわろぐ

技術、ボルダリング、セキュリティ、その他もろもろ

MENU

通勤が30分から1時間40分に増えて感じたこと

子どもが生まれたりで、妻子とともに1ヶ月間だけ、実家に帰っていたときのことを思い出しながら書いています。

長時間通勤はデメリットが多い!これ間違いない事実!でも100%悪ってわけでもないことが改めてわかりました。人間環境になんとか適応しようと考えるもんなんだなぁ。

通勤が長いデメリット

睡眠不足になる。疲労がたまる

ラッシュは言わずもがなです。もうこれだけで一仕事終えた感が出てしまいますよね。生産性も落ちるし良いことないですな。特に新宿など乗り換えや乗降が激しい駅を使わなくてはならなかったので、かなりしんどかったです。

通勤時間が長くても乗り換えがなく、一本で通勤出来るとかだろうとまた話は違うんでしょうけど。

仕事をしている時間が減る

通勤に使う体力を温存しておかなくてはいけないですし、どうも通勤が短いときよりも、いろんなことをセーブしてしまいます。

通勤で完全にオンとオフが切り替わる

帰ってからちょっとやろうとか、通勤時間が短いときは思うことがあったのですが、まぁ、そんなことはない。通勤でヘロヘロです。もう帰り着いたら速攻お風呂に入って寝たい!そんな感じです。

通勤が長いメリット

本を読む時間が増える

Kindle を有効活用してます。本を読んだりスマホでゲームしたりするしかすることがないですね。PCを広げるには少々狭いし、座れないことが多いので。

Kindle なら仮に背中から太陽光があたっても全く読めないってことはないです。まぁでも、長時間通勤じゃなきゃ読めないということは無いので、デメリットを覆す程のメリットではないですね。

頭の中を整理出来る

電車の中で頭の中を整理していることがおおいことに気づきました。就職して、一人暮らしを初めて、通勤時間が短くなったおかげで頭のなかがとっちらかったままになっていた事が多かったのかもしれません。

さいごに

学生時代の自分は片道2時間の通学を一時期やってたけどよくがんばったなぁ…。もうよっぽどなことがない限りやりたくないです。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック