読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわろぐ

技術、ボルダリング、セキュリティ、その他もろもろ

MENU

子どもが生まれて実感した3つの変化

f:id:kawa_xxx:20161113115405p:plain

ここで上げている3点はごくごく当たり前に言われていたであろうことですよね。でも当事者になって改めて実感してます。本当にそうなんだって。

子どもが中心になった

赤子は自分では何もできません。当たり前ですね。3時間おきに泣くので対応たいへんです。

食事をしていようがトイレにいようが、お腹が空いたり、おむつが濡れたりすれば子どもは泣きます。自分たちの都合は二の次になりました。

自分の時間が激減した

おおよそ3時間おきに泣くので夜も細切れ睡眠になります。常に寝ていてくれるともかぎらないし。

まともに夜、趣味プログラムや勉強を集中してできなくなりました。時間があったら寝たいと思います。

幸いにも抱っこしている時はご機嫌でおとなしいので、その時にはKindleで読書が捗りますね。でもギャン泣きしてるとそれもままならず…

エンジニア35歳定年って自分の能力よりもこういった環境の変化も1つの要因なのかもしれないですね。

この辺をクリアして高い技術力でバリバリ開発している方もいらっしゃるので、そういう人がどうしているのかをちょっと聞いて見たいな… 私も子供をちゃんと育てながらバリバリエンジニアとして活躍したいですし。

疲れているけど元気がでる

笑顔とか寝顔とかとっても可愛いんですよねもう!疲れなんて吹き飛びますよね。

でも眠気だけは吹っ飛ばない...眠気もいっしょに吹っ飛ばしてくれ…

まとめ

大変だけどその分楽しいこと、嬉しいことも増えたなぁという感じです。

なによりも責任を感じます。これからも頑張って仕事して稼がねば。

ボルダリングもちゃんとやって、健康に長く働けるように。