読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわろぐ

技術、ボルダリング、セキュリティ、その他もろもろ

MENU

クライミングシューズ Python と Solution の個人的比較

ボルダリング

今回は最近とってもハマっているボルダリングのシューズについて書きます。あくまで個人の感想です。

f:id:kawa_xxx:20150530215411j:plain:w300

pythonは自分が初めて買ったボルダリングシューズです。 ボルダリングを始めてからすぐに買ったので、シューズに関する知識はほとんどありませんでした。選んだ基準は見た目とオレンジ色が綺麗だったからと言う状態。

半年以上のブランクはあったものの、2014年11月から本格的に再開し、なんとか3級を落とせるようになりました。自分へのご褒美として、 Solution を買ったので履き心地とか感じたことをまとめます。

f:id:kawa_xxx:20150530215426j:plain

サイズ

  • 普段の靴のサイズ: 26.5 cm
  • Python : EU 38.5
  • Solution : EU 39.5

履き心地

  • Python

    • つま先から足のこうがぴっちりしていて痛いくらいの感じ
    • 最初のシューズにしてはサイズを少し攻めた感じ。しばらく痛くて履けなかった
    • ベルクロが切れるという噂があったが、結構ハードに使っても全く切れる気配はない
  • Solution

    • つま先から土踏まず、かかとにかけて全体的にがっちり固定されている感じ
    • 長時間履いていると痺れる感じ
    • 足のこうは比較的ゆったりしている感じ。ファストレーシングシステムでガッチリ絞めてもPythonのほうがきつい
    • pythonのベルクロより細くて心許ない感じ。全然切れる気配はない
    • 比較的足の形にあっている感じ

乗りやすいホールド乗りにくいホールド

  • Python

    • 基本的にオールマイティ
    • トゥーフックは柔らかいのでやりやすい。ただし小さいフットホールドは靴が柔らかいので痛いし滑る
  • Solution

    • Python に比べて小さいホールドは乗りやすい。痛くない。
    • フック性能は非常にいい!
    • Pythonより足裏感覚は鈍い

今後の目標

  • せっかく良いシューズを買ったので、被っている壁やループをゴリゴリ登って行く
  • 今年中に2級を幾つかクリアしたい
  • 無理せず、怪我しないように登る