かわろぐ

技術、ボルダリング、セキュリティ、その他もろもろ

MENU

Git Source Control Providerをつかってみた

環境

  • Windows 7
  • VisualStudio 2012 Pro

これまでの開発環境

VisualStudioでコードを書いてTortoiseGitなりSorceTreeなりコマンドプロンプトでGitの操作をしています。素のVisualStudioではGitのブランチを確認するすべがなく、間違ったブランチで作業して、そのままコミットしてしまうなど、めんどくさい思いを何度かしたのでなんとかならないかなーと思ってプラグインを漁っていました。

VisualStudioでGitを扱いたい

VisualStudio 2012 git などでググると一番最初に出てくるのが、VisualStudio Tools for Git なのですが、gitの操作感ではないので却下。そこで更にググって見つけたのが、Git Source Control Providerです。こいつはソリューションエクスプローラに現在のブランチも表示してくれるので、違ったブランチで作業してしまうということがほぼなくなりました。ただ、このプラグインもGitの操作自体は他のソフトに移譲するようです。


ってなわけで、ソリューションエクスプローラにブランチ名だけ表示して、結局はSourceTreeとそこから起動出来るコマンドラインでの操作に戻っています。CUIのほうが基本的な操作は楽ちんだ。。。