読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわろぐ

技術、ボルダリング、セキュリティ、その他もろもろ

MENU

FindBugsをCUIで使う方法

環境

  • Mac OSX 10.7.4
  • FindBugs 2.0.1-rc2

FindBugsをCUIで使う

FindBugsをCUIから使う必要があり,その時調べたことを備忘録としてまとめておきます,
FindBugsはJavaバイトコードのバグをチェックする静的解析ツールで,単体のGUIやEclipseのプラグインとして使用することが多いかと思いますがCUIからも使えます.スクリプトなどを書いて自動化するときにはCUIから使えると都合がいいですよね.出力の形式もXML形式とHTML形式,emacs形式,xdocs形式が選べます.

下記の様に指定し実行すると,入力フォルダ以下にあるすべてのjarファイル,zipファイルが解析の対象となり,結果はxml形式で出力ファイル名にしていされたファイルに出力されます.

findbugs -textui -xml -output 出力ファイル名 入力フォルダ名

オプションの説明

ここではよく使いそうなオプションに限って載せてあります.すべてのオプションは参考文献を見てください.

出力周り
-textui : コマンドラインで起動するためのオプション,これがないとGUIが起動する
-xml : バグ報告がXML形式で出力される
-html : バグ報告がHTML形式で出力される
-emacs : バグ報告がemacs形式で出力される
-xdocs : バグ報告がxdocs形式で出力される.Apache Mavenで使えるみたい
バグ報告レベルの設定
-low : すべてのバグが報告される
-medium : 優先度(中)及び優先度(高)が報告される
-higt : 優先度(高)が報告される
-relaxed : 手抜き解析モード.おおくのディテクタで誤検知回避用のヒューリスティック機能がオフになる
-nested [true|false] : 指定されたディレクトリのサブディレクトリ内のjar及びzipを解析するかどうか