読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわろぐ

技術、ボルダリング、セキュリティ、その他もろもろ

MENU

JDをEclipseで使う

環境

  • Mac OS X 10.7.1
  • Eclipse 3.7
  • JD-Eclipse 0.1.3
  • JD-Core 0.5.3

JDって何?どうやって使うの?

JDとはJavaのデコンパイラのことです.これはEclipseに組み込めて,デバッグ実行の時のステップインやちょっとみてみたいソースコードの無いクラスファイルを自動でデコンパイルして表示してくれるので便利!(まぁあまり使うことは無いんだけどね.)
インストール方法はここに詳しく書いてありますがサラっと.Eclipseのメニューにあるヘルプの新規ソフトウエアのインストールで出てくるウインドウに次のURLを入れることでインストールできます.
http://java.decompiler.free.fr/jd-eclipse/update

今回は試しにAndroidの中身を覗いてみました.

このプラグインを入れた状態でソースコードのないファイルをプロジェクトエクスプローラでダブルクリックすると,下図のようにデコンパイルされたソースコードが表示されるようになります.デバッグ中のステップイン実行でも同様に表示されます.


JDプラグインを入れていない状態だと下記の図のようになります.


行の必ず最初に出てくるコメントがなんだかよくわからないですけど,ソースコードはしっかり読めますね.くれぐれも,おいたには使わないように注意が必要ですね.