かわろぐ

技術、ボルダリング、セキュリティ、その他もろもろ

MENU

大震災

2011年03月11日に起こった東北から関東にかけてを襲った大地震.
立川ビックカメラで買い物をしていたらグラっときました.

地震最中と直後

揺れている最中はおー揺れている!と恐怖はあまり感じなかったように思います.それよりも,落っこちてくるものを避けなきゃ!とか早く建物から離れなきゃ!といった気持ちの方が強かったように思います.
揺れが収まって立川ビックカメラの建物から出たらすぐに,電車は,はなから当分動かないだろうと思ったので地震直後に水のペットボトル一本とカロリーメイト一個買って自宅のある青梅市へ向けてひたすら線路隣の道を歩き続けました.

今回は買い物で出歩いていただけなので,一眼レフも,iPhoneのサブバッテリ(エネループ)も持っておらずiPhoneのバッテリが切れる前に帰ろうと,ひたすら帰ることに専念しました.カメラ持ってたらまた行動がちがったのかな.でも,自分の居た地域は立川駅前にあるビルの窓ガラスが割れた位で特に大きな被害はなかったので,そんなにかな.

恐怖を感じたとき

怖かったなと思ったのは,歩いているときに時々とった休憩の時と家に帰ってきてから見たニュースでですかね.自分のいる地域も結構揺れましたけど,それよりも揺れて,甚大な被害が出ているところが...なんなんですかね.複雑な気持ちでした.死者の数,負傷者の数もどんどん増えていって.気仙沼の火事の映像なんかこれが本当に起きていたことなのか?って疑ってしまうくらいです.

世界から続々支援,日本人はすごい

時間が経ってくると,徐々に海外の支援表明や自衛隊が何人救出した!とか嬉しいニュースも入ってきてほっとひと息.それから,大きな暴動や略奪等もなく海外のメディアからも日本人はすごいという記事も見られました.日本もまだまだ捨てたもんじゃないな.でも,被災地の人はまだまだ厳しい状況なのは変わらない事です.自分にできる範囲のことで協力していきたいなと思っています.

自分の協力できることは,節電と多少の募金かな.