かわろぐ

技術、ボルダリング、セキュリティ、その他もろもろ

MENU

書評:実践AWS Lambda を読んだ

実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム~

実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム~

今まで AWS はよく使ってきましたが、基本的にEC2 と S3 くらいしか使ったことがありませんでした。

サーバレスとは何なのか、よくある誤解を解く部分も有り Lambda 初心者にとてもわかり易く書かれた本でした。プログラミング言語も Java, Python, C#, Javascript で書かれており自分の使っている言語での解説があるのはすごく良かったです。

AWS上で発生したイベントを基に簡単な処理を実行する必要があるときは積極的にLambdaを使ってみようと思いました。

Evernote で 書式設定を削除してプレーンテキストにする方法

Evernote は高機能

日々技術メモや、ブログ記事の下書き、思いついたことのメモなどかなりヘビーに使っているEvernoteですが、時々高機能すぎるなぁと感じる事もあります。 単なるテキスト情報だけあればいいのに余計な修飾情報までペタッとくっついてきて、これまではその都度 cmd + z で戻して、 Shift + cmd + v でプレーンテキストとして貼り付けなおしていました。

プレーンテキストとして貼り付けができなくても、Evernoteの機能でプレーンテキストに変換することが出来ましたので忘却録としてまとめておきます。

Evernote でプレーンテキストに戻す方法

やり方は、メニューの Format から Make Plane Text をクリックするだけです。すると、アクティブなノートから全ての修飾が削除され、プレーンテキストのみになります。

具体的には以下のようになります。EvernoteのWebサイトをコピペしたものです。 f:id:kawa_xxx:20170819220458p:plain

Make Plane Text を実行すると以下のようにキレイにプレーンテキストになります。

f:id:kawa_xxx:20170819220452p:plain

Simplfy Formatting との違い

Simplify Formatting だと水平線や表などが保持されます。 Make Plane Text は水平線や表が失われてテキスト情報だけになるという違いがあります。

Make Plane Text だとチェックボックスやリストは Markdown っぽい表記に変換されますが、 Markdown の全てをサポートしているようではなさそうです。

日々便利に使っているけれど、まだまだ知らない機能あるなぁ。

Evernote

Evernote

書評:サーチインサイドユアセルフを読んだ

滅多に人に本なんか推薦しない人がおすすめしていたので、ちょっと読んでみることにしました。マインドフルネスに関する本です。

マインドフルネスや瞑想と聞くと、最初はオカルトか?とか思いましたが読み進めていくうちにそんなことは全くなく、もっと早くに知っていればと思いさえするようになりました。

自分の情動を怪物にたとえて、怪物の言いなりにならないなどの部分は、とてもわかりやすかったし妙に納得できました。

知的労働者はもちろんのこと、それ以外の人も一読して見る価値はありますね。

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

  • 作者: チャディー・メン・タン,ダニエル・ゴールマン(序文),一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート,柴田裕之
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2016/05/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (3件) を見る

Docker で Splunk を立ち上げるまで

環境

  • Mac OSX 
  • Docker 17.06.0-ec 

Docker をインストールする

Docker の公式サイトから Docker の Stable のインストーラをダウンロードします。インストール自体は app ファイル一つをコピーするだけで完了します。

app ファイルをダブルクリックで実行すると、メニューにDocker のアイコンが表示され、初期設定が実施されます。

$ docker —version

で Docker のバージョン番号が表示されればインストールは成功しています。

Splunk のイメージを取得し起動する

Splunk の入ったイメージは公開されており、ここからその詳細を見ることが出来ます。この記事を執筆した 2017年8月6日時点では 6.6.1 のバージョンが入ったものが latest として公開されています。

まずは、 Splunk の入ったイメージを以下コマンドで取得します。おおよそ1分くらいでダウンロードがおわりました。

$ docker pull splunk/splunk

f:id:kawa_xxx:20170806164055p:plain

以下のコマンドで起動します。

$ docker run -d -e "SPLUNK_START_ARGS=--accept-license" -e "SPLUNK_USER=root" -p "8000:8000" splunk/splunk

f:id:kawa_xxx:20170806164049p:plain

上記のコマンドを叩いても、画面上はハッシュが表示されてプロンプトが返ってくるのでステータスの確認は以下のコマンドでできます。

$ docker ps

f:id:kawa_xxx:20170806164100p:plain

先程の docker run コマンドでポートフォワードもされているので起動が完了したら、 ブラウザに http://localhost:8000 で Splunk のログイン画面が表示されます。

f:id:kawa_xxx:20170806164106p:plain

これでバシバシ壊してもよい Splunk の環境が出来ました。ダッシュボードをつくったりはまた今度。

プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化

プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化

忘れっぽい私が抜け漏れを防ぐために行っている5つのこと

f:id:kawa_xxx:20170806111142p:plain

最近とにかく忘れっぽいんです。複数の事を同時に進めていたり、割り込みが多かったり、疲労だったり色々原因はあると思いますが、仕事している以上は依頼されたことはきっちりと遂行しなくてはいけませんよね。

作業しながら何をしているかメモを取る

仕事柄、結構割り込みが多いんですよ。いつ何時割り込みが入っても問題ないようにしています。

わざわざ自分で保存するのも面倒ですし、必ず自動保存機能やアプリがクラッシュしても入力した内容が保持される機能のあるソフトを使っています。例えば、Evernote とか Atom とか。最近は Windows が勝手に再起動することも多いですからね。

Mac は Mac で Windows 以上にひょんなところでデータをふっ飛ばしますし。ロックしておいてロックを解除したら全アプリが終了していたとか結構経験しています…一体何が悪いんだ。謎挙動すぎるよ。

最後に復唱して確認する

上司や同僚から依頼ごとをされるときはかなりの確率で、複数の事や複数の条件がありますよね。

聞いてるうちに最初の方があやふやになってしまうので、必ず最後に自分の言葉で復唱してます。そして相手にそうそう、って言われるのを確認しています。そして、すぐタスク管理に放り込んだり、メモを取ったりして忘れないようにしています。

全タスクのリストをつくる

そこを見ればやらなくてはいけないことがすべてわかるものを必ず作っています。が、完全に一箇所にはしていません。プロジェクトのタスクはここ、他のはここと多くても3つの場所を見れば自分の仕事のすべてを把握できるようにしています。

その時々により、ツールは変わりますが、基本的にウェブサービスを使っていますね。紙だとすぐ破綻するし、急いで書くと文字が非常に汚くなり、結局あとで読めなくなってしまうので…

ただし、今日やるべき事のみは紙に書いておくようにしています。やるべき順番に書いておいて、上からバシバシ消していく。そうすることで、あれ?何やるんだっけ?という無駄な時間の発生を防いでいます。それに終わったときのタスクを消す感覚がとっても気持ちいいのでモチベーションアップにもなっています。

そしてこの今日やるべきことリストは、前日に書いておきます。全日にやらないと、やるべきことの洗い出しから始まるので頭のちからを無駄づかいしている感じがするし、ダラダラと一日が始まってしまう気がしてます。朝デスクについた時点でやることが明確になっていればスタートダッシュを決められますしね。

読書メモを取る

書籍を読んでいて、数日読めなかったりという事がざらになってきました。そんな時にまた前回読んだところを読み返すのは時間がもったいないですよね。このブログの書評カテゴリのエントリーよりも少し厚めにメモを残しています。

公開しても良さそうな部分だけ、不定期で書評として公開しています。

スケジュールは必ずカレンダーにいれる

多くのことは覚えておけないので、Googleカレンダーにすぐさま入れるようにしています。もし何かその予定に準備が必要ならば、その予定もある程度余裕を持って入れておきます。

おわりに

どれも細かなことですが、結構効果を上げています。もし、抜け漏れに困ってる人がいたら是非ひとつでもお試しあれー。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術