読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわろぐ

技術、ボルダリング、セキュリティ、その他もろもろ

MENU

通勤が30分から1時間40分に増えて感じたこと

子どもが生まれたりで、妻子とともに1ヶ月間だけ、実家に帰っていたときのことを思い出しながら書いています。

長時間通勤はデメリットが多い!これ間違いない事実!でも100%悪ってわけでもないことが改めてわかりました。人間環境になんとか適応しようと考えるもんなんだなぁ。

通勤が長いデメリット

睡眠不足になる。疲労がたまる

ラッシュは言わずもがなです。もうこれだけで一仕事終えた感が出てしまいますよね。生産性も落ちるし良いことないですな。特に新宿など乗り換えや乗降が激しい駅を使わなくてはならなかったので、かなりしんどかったです。

通勤時間が長くても乗り換えがなく、一本で通勤出来るとかだろうとまた話は違うんでしょうけど。

仕事をしている時間が減る

通勤に使う体力を温存しておかなくてはいけないですし、どうも通勤が短いときよりも、いろんなことをセーブしてしまいます。

通勤で完全にオンとオフが切り替わる

帰ってからちょっとやろうとか、通勤時間が短いときは思うことがあったのですが、まぁ、そんなことはない。通勤でヘロヘロです。もう帰り着いたら速攻お風呂に入って寝たい!そんな感じです。

通勤が長いメリット

本を読む時間が増える

Kindle を有効活用してます。本を読んだりスマホでゲームしたりするしかすることがないですね。PCを広げるには少々狭いし、座れないことが多いので。

Kindle なら仮に背中から太陽光があたっても全く読めないってことはないです。まぁでも、長時間通勤じゃなきゃ読めないということは無いので、デメリットを覆す程のメリットではないですね。

頭の中を整理出来る

電車の中で頭の中を整理していることがおおいことに気づきました。就職して、一人暮らしを初めて、通勤時間が短くなったおかげで頭のなかがとっちらかったままになっていた事が多かったのかもしれません。

さいごに

学生時代の自分は片道2時間の通学を一時期やってたけどよくがんばったなぁ…。もうよっぽどなことがない限りやりたくないです。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

ErgoDox EZ を使い込んで感じた5つのこと

ErgoDox を買ってから早三ヶ月近くが経ちました。使い込んでみての感想をまとめておこうと思います。

購入した話カスタマイズした話もブログに書いているのでそちらも合わせてどうぞ。

毎日の様にキー配列を調整していたのは最初の一週間くらいだったので、割りと早く落ち着いた方だったと。今後はゆるく改善していきたいです。

肩こりが軽減された

HHKB 一枚で作業していた頃に比べて全然と言っていいくらいに肩こりが軽減されました。

これまでも、ノートPCのキーボードと HHKB の二刀流なども試しましたがそれ以上に快適です。親指側が高くなるようにつけた傾斜も非常に良く、もう元のキーボードに戻れない体になりつつあります。

それから、使って数日で自宅用に二枚目を購入しました。会社でまだセパレートじゃないキーボード使ってるの?といって歩きたいくらい快適です。

姿勢が自然と良くなる

今まではPCのまえに座ると、自然と足を組んでしまったり体が曲がったり前傾姿勢になっていましたが、ErgoDox を使いだしてからは背筋が伸びて姿勢が良くなった気がします。

レイヤー機能を使いこなせていない

一応デフォルトの3つのレイヤーがある状態で使っていますが、ほとんど使いこなせてません。3つめのレイヤーへの切り替えボタンをカスタマイズ中に消してしまうという失態も… この辺は今後ゆっくりという感じですね。最終的にはマウスを使わないで操作できるようになりたいです。

Windowsつらい

ノートPCについているキーボードが日本語配列で何も設定を変えずに接続するとUS配列にしているのにJIS配列の記号が出て来るんです。お陰でErgoDoxでアンダーバーが打てないという有様に…

Macは本体が日本語でも、ErgoDoxにプログラムしたとおりのUS配列で記号が打てるのに…Windowsさん、頑固ですねぇ… でもちゃんと自分が設定出来ていないだけかも。

ちょっと大きい

やはり海外の大柄な人たちが作っただけあってか、自分にはちょっと大きいです。特に親指で押すボタンたちがもう少し近くにあると良いなぁと思うことが多いです。

おわりに

HHKBからすんなり乗り換えられました。使い手は確かに選ぶキーボードですが、使いこなせるようになってしまえばとても良いキーボードです。

大切に末永く使っていきたいと思います。

ターミナルで色々なディレクトリ構造を作成する方法

環境

  • Mac OSX 10.12.3
  • bash 3.2

ディレクトリ作成時に手間を省くための小技をまとめました。

複数階層のディレクトリを一発で作成する

今まで、ひとつ作っては cd で移動してまたディレクトリを作るという非常にめんどくさいことをしていました。 -p オプションをつければ複数階層のディレクトリを一発で作ってくれます。

mkdir -p test1/test2/test3

複数階層のディレクトリを作成して移動する

複数階層のディレクトリを使ったら大抵の場合は、一番深いところで作業したいはずですよね。 作ってまたパスを入力するのは面倒!って思ったら以下の様につなげることで移動も一発でできました。

mkdir -p tes1/test2/test3; cd $_

同じ階層に複数のディレクトリを一発で作成する

同じ階層に test1, test2, test3 のようなディレクトリを作成するには {} を使ってやると一発で作成出来ます。

mkdir test{1,2,3}

おわりに

普段から使っている bash でもまだまだ知らない便利な事がたくさんあるなぁ。もっと色々しらべようっと。

kali linuxで Metasploit がインストールされているディレクトリ

環境

  • kali linux 2.0

Metasploit のインストールディレクトリ

Metasploit は Rapid7 が提供している侵入テスト用のツール群です。 kali linux にはデフォルトでインストールされています。

スタンドアロンのペイロードを作るときにテンプレートとなる exe なども入っているのですが、それらはどこにあるのかよく忘れるのでメモまで。

/usr/share/metasploit-framework

実践 Metasploit ―ペネトレーションテストによる脆弱性評価

実践 Metasploit ―ペネトレーションテストによる脆弱性評価

  • 作者: David Kennedy,Jim O'Gorman,Devon Kearns,Mati Aharoni,青木一史,秋山満昭,岩村誠,川古谷裕平,川島祐樹,辻伸弘,宮本久仁男,岡真由美
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2012/05/23
  • メディア: 大型本
  • 購入: 6人 クリック: 40回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る

ボルダリングの擦り傷にはキズパワーパッドがおすすめ!

早くきれいに治った!

キズパワーパッドを使ったら普通の絆創膏よりも早く、そしてきれいに治りました。

あくまで個人の経験談なので、自己責任で。そして、絆創膏ではどうにもならない深い傷、怪我はちゃんと病院へ行きましょう。

BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド ふつうサイズ 10枚

BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド ふつうサイズ 10枚

キレイにキズを治すまで

まずキズパワーパッドの箱の中に入っている説明書をよく読むことです。医薬品使うときは必須ですね。間違った使い方すると治るものも治らなくなりますからね…普通の絆創膏とは使い方が違いますし。

  • 水道水できれいに流す。特にチョークが付いている場合はしっかりと洗い流す。
  • 水気を払う。(消毒はしない!)
  • キズパワーパッドを貼る
  • 2〜3日貼ったままにしておく
    • 剥がれてきたら上記の日数が経たなくても張り替える
  • 張り替えるときには傷口を水道水できれいに流す
  • 傷口の部分が白くならなくなるまで繰り返す

すると傷口がきれいにかさぶたになっています。そのかさぶたが剥がれると通常の絆創膏を使ったときよりもきれいに治っています。

普通の絆創膏に比べてかなり高いですが、キズを少しでもきれいに治したい場合はとてもおすすめですね。それに、普通の絆創膏よりも密着するので、チョークが傷口に入らなくて良いです。

キズ痕の比較

たまたま同じ位のキズが複数出来たので試しに実験してみました。ひとつは通常の絆創膏のみを使用して治したもの。もうひとつはキズパワーパッドのみを使って治したものです。傷痕の写真なので小さめにしておきますね。

まずは普通の絆創膏のみで治したキズ痕の状態です。結構はっきりと痕が残っているのがわかりますね。

f:id:kawa_xxx:20170121105443j:plain:w200

そして次の写真が、キズパワーパッドのみを使って治した傷痕の状態です。普通の絆創膏の傷痕よりも少し小さいきがしません?

f:id:kawa_xxx:20170121105436j:plain:w200

恐るべしモイストヒーリングの威力… キズパワーパッドがあれば、どれだけ擦りむいても大丈夫ですね!

本当は怪我なんかしないように登るのが一番なんですけどね…

エンジョイ!クライミング!