かわろぐ

技術、ボルダリング、セキュリティ、その他もろもろ

MENU

一般人がブログをやっている4つのメリット

f:id:kawa_xxx:20171126134339j:plain
photo by NOGRAN s.r.o

気づけば 2010年から細々と運営しているこのブログですが、なんでここまで続いているんだろう?と思っていろいろふりかえってみました。

プロブロガーなんて目指してないけど、定期的にアウトプットしていきたいという人の参考になれば幸いです。

常にアンテナを高くはれる

ブログを書いていなかったら、何気なくスルーしてしまう様な出来事にも気を配る事が多くなりました。

あれ、ひょっとしたらこれネタになるかな?少し調べて、まとめておいたほうが後々役に立つのではないかな?と思い、少し厚めにメモを残したりするようになりました。ブログの記事にはならなくても、後々厚めに取ったメモが自分の助けになったりもしています。

見られているという感覚が楽しい

はてなブログで運営しているので、ブクマされたりスターが付いたりすると嬉しいですね。それから、一日の最高アクセス数を更新したりするととっても嬉しいです。

他には、ゴールデンウイークとかで、ガクッとアクセスがさがると、会社員や学生さんが休みだからすくないんだろうなーとか原因を想像するのがいがいと楽しいんです。

深く調べるようになる

発信するからにはちゃんと一次情報まで調べなきゃという気持ちが強くなり、自分の本業にも良い影響を与えるようになりました。

ただ、気になるたびに調べだしてしまうと、時間がいくらあっても足りないんですよね…w 今は時間をかけ過ぎないよう、ある程度のところでうち切るようにしています。

時間で区切るとどうしても効率重視になって、英語の情報を避けてしまうので、ちょっと見直しが必要かもです。と言うかそもそもの英語力の低さが…

外部記憶媒体になる

自分の頭だけじゃ記憶出来ることは限られていますよね。1回深く調べて、まとめて、アウトプットしておけば、しばらくして同じことを調べた時にじぶんのブログに行きつくことも多々あります。この時が、しっかりアウトプットしておいてよかったなと思う瞬間です。

Vim 関連のことを調べて書いた記事は、数年後自分が検索している時に自分の記事にあたったこともあり、書いておいてよかったな~と実感出来ました。

それに日々どんどん新しいことに接していると意外と忘れることも多いんですよね。

まとめ

エンジニアだからとかではなく、ブログは様々な形でいろんな人に有用です。

始める動機、続ける動機は人それぞれかもしれないけれど、なにかをアウトプットしようという姿勢、すごく大切だと感じています。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

指皮のケアに CLIMBSKIN をつかってみた

最近仕事やらプライベートやらが忙しくてボルダリングに1ヶ月のブランクが出来ました。

1ヶ月ぶりに登ったら指皮が元通りになっていて1時間登ると指先が真っ赤になり、とてもじゃないですが、痛くてホールドを握れないレベルにまでなってしまいました。なんとまぁ…

そんな状態で、休憩エリアのテーブルの上にあったチラシにふと目が止まりました。

ベストパフォーマンスを引き出す手に。 CLIMBSKIN

f:id:kawa_xxx:20171118183237p:plain

指皮が薄くなり痛くなっていた自分には、畜生響きました。

スタッフのお兄さんに聞いても、ほんと少量でいいし回復力もなかなか、これがあるから連日外岩に登っても大丈夫ですよ!とのこと。まぁ、多少は盛られているかもしれませんが、今の自分には必要だ!ということで買ってみました。

40g で 2160円、そこそこのお値段します。蓋には∞っぽいロゴがシールで貼られています。無限に登れるようにでしょうか。

f:id:kawa_xxx:20171118183327p:plain

新品なのでちゃんと中蓋も付いていました。

f:id:kawa_xxx:20171118183332p:plain

ペリッと剥がすと、パッと見た感じピーナッツバターと見間違うかのような色のクリームがみえました。

f:id:kawa_xxx:20171118183337p:plain

商品の説明には、ベタついたら塗りすぎと書いてあったので手に塗るのはごく少量で大丈夫とありました。私は白い蓋の裏にくっついているクリームの4分の1くらいで全然OKで、それ以上塗るとベタつきが気になってしまいました。

今までハンドクリームの類は、スマホやキーボードについてベタベタになってしまうのがいやで敬遠していました。しかし、この CLIMBSKIN は塗ってから5分と立たないうちに手に馴染んでベタつきが無くなったのでなかなか良さそうです。

2日程度使ってみての感想ですが、何もケアしないより圧倒的に指の状態は良いです。潤いが保たれているというかカサカサしていないです。これは継続すれば指皮の回復がとても期待できそうです。

冬になり乾燥も気になる季節なので、楽しいクライミングライフのために手のケアはしっかりやっていこうと思いました。

知識をつけるには

挑戦する場を増やす

挑戦する場を増やすことがいちばんの近道だと思う。ひたすら本を読んでも、使える知識にはなりづらい。それに漫然と読んでしまう気がして、時間あたりの効率が悪い。

こういうことをいついつまでにやらなきゃという場面にどれだけ多く自分を追い込めるか、それが、勝負だと思う。他人の目があるっていうのもすごく重要なのかも。

若いうちにより多く

挑戦の場は若いうちに多く得ることが重要だと思う。できれば学生のうちに。

社会人になると業務に追われて、学生時代の様に自由が効かなくなるし、年齢を重ねれば重ねるほど体力的に無理が効かなくなるし。

さらに家庭ができて、子どもができるとより時間を取れなくなるので。。。

と、そんなことをおもった休日の深夜でした。

Vim を NeoVim に入れ替えた話

f:id:kawa_xxx:20171029091720p:plain

環境

  • Mac OSX 10.12.6
  • neovim  v0.2.0

NeoVim って?

20年以上に渡って開発し続けられている VIm のフォークプロジェクトです。公式ページによるとレガシーなコードを大々的にリファクタリングし、新しいプラグインシステムを導入するための Vim の進化版と言われています。

Vim  を NeoVim へ

さて、 Mac OS で HomeBrew の入っている環境であればインストール自体はすごく簡単で以下のコマンド一発で終わりです。

$ brew install neovim

インストール後は設定ファイルをまずは vim と共有させて使っていくための準備をします。NeoVim は XDG Configuration に対応しているので従来の vim 設定ファイルの位置から少し変更があります。以下のコマンドで既存の vim の設定ファイルへのシンボリックリンクを作成しました。

$ mkdir ~/config/nvim
$ ln -s ~/path-to-the-vimrc/.vimrc ~/config/nvim/init.vim

Vim を使ってきて長年継ぎ足ししてきた設定ファイルをそのまま NeoVim の設定ファイルとして使用した。でも発生したエラーは1件だけでした。

Unknown Option: ttymouse=xterm2

これは NeoVim では削除されたオプションなので、以下のように読み込まれないようにするだけ。

if !has(‘nvim’)
    set ttymouse=xterm2
endif

Vim よりも若干高速になったように感じます。それにしても後方互換凄いなー。今度は Unite.vim を denite.vim に入れ替えようと思います。

参考文献

実践Vim 思考のスピードで編集しよう! (アスキー書籍)

実践Vim 思考のスピードで編集しよう! (アスキー書籍)

LXDE 環境でターミナルの特定の文字色が変えられなかった話

環境

  • Ubuntu
  • LXDE, LXTerminal

LXTerminal の特定の文字色を変えたい

LXDE環境で標準のターミナルとして付いている LXTerminal の青い文字が非常に見づらく、何とかしてもう少し水色っぽく出来ないかと色々設定を調べました。

しかし、 LXTerminal は参考文献によると、背景色と文字色以外のカスタマイズ項目がなく、それ以上のカスタマイズを行いたいなら他のターミナルをインストールしてねとのことです。

いやー、久しぶりに潔い感じです。軽量環境なのに色々求めてすいませんでした!!そんな感じです。

結局 Terminator にした

そこで、別のターミナルソフトを色々試してみましたが、結局 Terminator に落ち着きました。 インストールは簡単で、以下の apt-get コマンドで入ります。

sudo apt-get install terminator

カラーテーマを変更することで Vim などで見づらかった青色も見やすい水色になりました。

f:id:kawa_xxx:20171021131936p:plain

めでたしめでたし。

参考文献