読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわろぐ

技術、ボルダリング、セキュリティ、その他もろもろ

Git でひとつ前にいたブランチに戻る方法

Git

Git で長いブランチ名は辛い

コードレビューをしていると、結構頻繁に自分の作業ブランチから、レビュー対象のブランチに切り替えることが多いのですが、以下の様な感じで結構ブランチ名が長いんです。

チーム名/プロジェクト名/種別/作業ブランチ名

こんなに長いと、ブランチを自分の作業ブランチに戻す度に全部入力するのがめんどくさい… SourceTreeとかGUIのツールを使えばいいじゃんというツッコミを受けそうですが、いまいち部分コミット以外ではしっくり来ないんですよね。

元いたブランチに一文字で戻る

調べてみるとちゃんとあるんですね。便利なの。

git checkout -

とすると、ひとつまえにいたブランチに戻ることが出来ます。自分は更にこれを短くするためにエイリアスを使って

git co -

としています。ちょっとした工夫ですが、作業効率は格段に上がりました。

pamo wood  Base Camp Tokyo エディションを購入した!

ボルダリング ブラシ

2本目のブラシ!

pamo wood の Base Camp Tokyo の刻印入り版が発売になったとのことで、買っちゃいました。ブラシは2本目で、1本目は Lapis のブラシの青いやつです。たしか錦糸町のT-WALLで大分まえに買ったやつだったはず。

Lapis と pamo のブラシの違い

Lapis の方が毛が硬く、チョークをごっそり落としてくれる感じです。買った直後に毛を指で撫でたらめちゃ痛かったのを覚えています。 今回買った pamo のほうが毛が柔らかく適度にチョークを残した状態でブラッシングできる感じです。(白豚毛というらしい) 買った直後に毛を指で撫でても痛くありませんでした。 pamo wood は Lapis に比べてブラシの幅が倍くらいあり、大きいホールドを磨きやすいですね。ホールドの大きさと、どれくらい綺麗に磨きたいかで使い分けています。

写真でみる pamo wood Base Camp Tokyo エディション

f:id:kawa_xxx:20160503231039j:plain しっかり Base Camp Tokyo と店名が刻印されています。

f:id:kawa_xxx:20160503231025j:plain ホールドに手を擦らず磨きやすいように、角度が付いています。

f:id:kawa_xxx:20160503231010j:plain 普段は CXM Porter-M に Lapis のブラシと一緒に刺してます。

リラックマのワッペンは嫁がつけてくれました。ワッペンの糊だけではしっかりくっつかず、周囲を手縫いしてくれたのですが、ワッペンの生地が硬く大変そうでした…

LinqPad で NUnit Lite を使ってユニットテストを実行する

C# LinqPad

環境

  • Windows 10
  • LinqPad 5

簡単にテストしたい!

事の発端は、小さなプライベートメソッドの挙動のみテストしたかったんです。でも、public なメソッド経由でテストするとかなりめんどくさいことってありますよね。 そんな時は Linqpad と思ったけど、いろいろ変数のパターンがあり、割りと毎回手で実行するのはシンドイ。。。そうだ!ユニットテストだ!ということで LinqPad で NUnit を使ったテストを実行できるようになるまでの道のりです。

LinqPad に NUnitLite を追加する

LinqPad を起動した状態で、F4 キーを押して、Query Properties ウインドウを表示し、Add NuGetから NUnitLite を追加します。GUIでできるので特に迷うことは無いかと思います。追加後はこんな表示になっているかと。

f:id:kawa_xxx:20160427230347j:plain

そして隣のタブに行って、 NUnit.Framework と NUnitLite を追記しましょう。これで、コードの一番上に Using が書かれた状態と同じになります。

f:id:kawa_xxx:20160427230353j:plain

テストコードとテスト対象を書く

テストコードとテスト対象は Gist に公開してあります。

LinqPad UnitTest サンプル

F5 で実行すると Results のところに NUnit の実行結果が表示されます。テスト結果にいい感じに色付けしてほしいけど、そこまではさすがに出来ないようです。

f:id:kawa_xxx:20160427230349j:plain

参考文献

Evernote でノート間のリンクを張る方法

Evernote

ブログに日頃のメモに、Evernote をかなり使っていますが、テキストを書いて、画像を貼り付けてという使い方のみでした。このように書くとなんだかとてもライトユーザみたいな感じですね。

別のノートへの参照を残したい

ふと、調べ物をしていて、前に調べた内容のノートを参照したいなと思うことがあり、どうやるんだろう?と思って調べたら意外と簡単でした。

ノートのリストの部分で右クリックし「ノートリンクをコピー」をクリックするだけで、そのノートへのリンクがコピーされます。

f:id:kawa_xxx:20160413214151j:plain

そして参照したい側のノートにペタッとするだけです。とっても簡単です。URLみたいなものがはられるわけでなく、ちゃんとノートのタイトルがリンクになった状態で貼られますね。

このリンクをクリックすれば、リンク先のノートが開かれます。

f:id:kawa_xxx:20160413214155j:plain

右クリックするとわかりますが、 Shift キーを押しながらクリックすると新しいウインドウでリンク先のノートを開くことも出来ます。

f:id:kawa_xxx:20160413214157j:plain

リンク先のタイトルが変更されてもリンク元のURLの文言は自動では変わらないみたいです。惜しい~。

Solution 2足目を買った!

ボルダリング

新作も発表されているが

LA SPORTIVA の2016年新作 SKWAMA や OTAKI が発売されていますが、Solution の二足目を買っちゃいました!かなり足にもあっていて、しばらくこのシューズで行こう!って感じだったので。今回は店頭で買ったのではなく、ネットで買いました。サイズもわかってるしね。おかげで8000円近く安く買えました。

ただ trekkinn はサイズがないことが多いのですが、今回は偶然ほぼ全サイズと言っていいくらいそろっていたので助かりました。

んで、届いた物を見ると、梱包は日本のほうが丁寧ですね ^^; テープも雑だし、荷札は全く剥がせる気配がないです。まぁ、剥がれて紛失されるよりはよいかと。 f:id:kawa_xxx:20160403235850j:plain:h300

新旧の比較

新旧の比較ということで、写真で比較してみたいと思います。今使っている Solution はだいたい1年くらい、週3のペースで使いました。

f:id:kawa_xxx:20160403234723j:plain 左が新しい方で、右がこれまで使っていた方です。かなり使い込んだ感ありますね。

f:id:kawa_xxx:20160331071246j:plain 左が古い方のつま先部分で、右が新しい方の爪先部分です。ソールがかなり減っていますね。新旧を履き比べてみると、かなり足裏感覚が変わってます。これだけ薄くなればそうですよね。

マイナーチェンジしている点は、ベルクロが通っている穴が前のモデルは金属のリングだったものが、プラスチックのリングになっていました。プラスチックのほうが切れないのでしょうね。

新しい Solution を履いてみて

古い方もそうでしたが、Solurion は最初、意外と滑るんです。今まで履いていた方では、絶対に滑らないだろうという大きめのホールドで滑りました。おかげでスネをすりむきました ^^;

それに、足の形に馴染んでいないのでやっぱり痛い… 完全に前のがダメになってしまってから出なくてよかった。徐々に履き慣らして大切に履いていきます。